新生児の便秘とはいっても、新生児は母乳をあげると、特に余った成分などは入っていませんので、体の中に吸収されてしまうことがほとんどで、4日くらい便秘になる事はよくありがちなことです。しかし4日以上たっても便秘の症状が続いていたり、新生児がミルクを飲まなくなってしまったなどの症状があれば便秘の症状がひどいとおもわれますから病院で診てもらったほうがいいのかもしれないですね。またお腹を触ってみても張っているような感じがしたら便秘の症状といわれているのです。 新生児の便秘の解消には、綿棒にベビーオイルなどをつけて肛門に入れて肛門を刺激します。そうする事で刺激された排便が起きるので便秘が解消されます。しかし、この方法でも新生児の便秘が解消されないたまには、浣腸を使うこともできます。新生児に官庁を使うときには、病院などで処方されてたものを使って便秘を改善するのがいいかもしれません。新生児期の便秘と言う物は慢性の便秘と言うよりは、生理的で一時的な便秘が多いといわれており新生児が成長していくと便秘は良くなると言われているものです。新生児の便秘は特に初めてのお子さんをお持ちのお母さんは心配されると思いますが、あかちゃんの様子を見て元気そうならしばらく様子を見ても良いですね。